ショッピングカートのレンタルサーバーについてのサイトです。使うメリットや初心者からできるものなどを紹介しています。

Latest Headlines

集客できるショッピングカートについて

iPod

ネットショップを出してもお客さまが来てくれないと困りますよね。
集客方法を考えてみましょう。

ショッピングモールはどうでしょうか?
(ショッピングモールとは、複数のネットショップがひとつのサイトにまとまって色々な商品を販売しているウェブサイトのことです。楽天市場、yahool!ショッピング、DeNAショッピング(ビッターズ)などが国内では有名です。)

集客力のあるショッピングモール販売は魅力ですが、出店料金が高めです。 予算に余裕がある方は集客率UPにつながりますので利用してみてください。
GoogleやYahoolの検索エンジンで上位表示されることが売り上げに大きく影響します。

ショッピングフィードはどうでしょうか?
(ショッピングフィードとは、Eストアーショップサーブのお店専用に作られた独自の集客システムで、たくさんの有名サイトに自分のお店の広告が出せます。)

ショッピングモールに劣らない集客をしてくれるのがショッピングフィードです。。
ショッピングフィードは出品するだけで50以上のサイトに商品が掲載され、初期費用、月額利用料はかかりませんが売れたときだけ手数料5%がかかります。 何もしなくても登録するだけでお客さまに来てもらえるならショッピングフィードを利用してみるのもいいですよね。
たくさんの方の目にとまる確率があるので集客率UPにもつながります。

キーワードは検索するうえでとても大事なことです。自分のお店に合ったキーワードが商品名やお店の名前などに含まれるようにするといいでしょう。
カテゴリー登録も重要です。適当なカテゴリー(テーマやジャンルごとに分類します)にせずにできるだけ正しく登録しましょう。 やるべきことをやっていくだけでも集客率はUPしていくのでやってみてください。

リスティング広告はどうでしょうか?
(リスティング広告とは、主にGoogleやYahoolで検索した、検索結果の画面上部と画面右側のスペースに広告をだして集客することです。)

広告の表示そのものには料金がかからず、自分のサイトに来店したら料金が発生するシステムです。 ムダがなく集客できそうです。
広告がどれくらい表示されて検索されたか効果が見ることができ、少額の費用でできるのでやってみるのもいいですね。 ネットショップは見たり、触ったりできないので商品を買ってもらうために、お客さまにその商品をわかりやすく知りたい情報をすべて載せるといいと思います。

All Content ©ショッピングカートのレンタルサーバー豆知識, All Rights Reserved.